株式会社ワン インフラ構築なら弊社へお任せください。

スポンサー

多くのボランティア開発者(寄与者名簿を見て下さい)に加え、以下の団体が資金また他の支援をしました。

国立科学基金(The National Science Foundation)

国立科学基金(NSF)は1996年-2000年の間にSquid発展を支えた最初の経済基盤でした。先進のネットワークの基盤と研究(ANIR)を通じて送られた2つの支援金はサンディエゴのカリフォルニア大学によるものでした。

MARA Systems AB - http://www.marasystems.com/

MARA Systems ABはバグの修正と、ほとんどのSquid-2.5のリリースの管理、Squid-3において多くの新しい特徴が発見されるのを支援しました。

The Measurement Factory - http://www.measurement-factory.com/

The Measurement FactoryはSquid製作者とSquid本の著者ドゥエーン ウェッセルスにとってはホームベースです。この会社はSquid開発と保守に寄付し、Squidのウェブサイトにハードウェアと帯域幅を提供、Squidのキャッシュのためのテスターを運用、商用のサポート活動の手配を手伝っています。この企業の製品はSquidの動作や機能をテストするために使われます。

Swell Technology - http://www.swelltech.com/

スウェルテクノロジーは、Squid開発者へのハードウェアの提供や、Squidプロジェクトへの開発とテストサポートを供給しています。

Picture IQ - http://www.pictureiq.com/

Varyヘッダーに対してシンプルな支援を行い、その性能向上に役立ちました。

SGI - http://www.sgi.com/

SGIはSquid開発者に対してハードウェアを寄付してきました。

Zope Corporation - http://www.zope.com/

Zope Corporationは、多くのページに共通したページ構成要素をキャッシュすることで、動きがあり、個人化されたページにも対応できるより優れたキャッシュ性能を提供することで、SquidのESIプロトコルの発展に寄与してきました。

craigslist - http://www.craigslist.org/

craigslistは彼らのweb配信構成においてSquidが果たす重要な役割の認知のために寄付をしてきました。

webwasher AG - http://www.webwasher.com/

webwasherAGはSquidのiCAPクライアント実行への改善のために寄付をしてきました。この成果はhttp://devel.squid-cache.org/icap/で見られます。

iiNet Ltd - http://www.iinet.net.au/

iiNetは初期の段階において特に意味のある開発リソースを寄付してきたし、インターネットのローカルコミュニティにおけるの初期のSquid採用において助けとなった。iiNetはまた最近Squid-2.6及びSquid-3におけるWCCPv2実行の開発とテストのための備品を提供している。

Kaspersky Lab - http://www.kaspersky.com/

Kaspersky LabはSquid-3のICAPサポートの初期の開発に対する援助を行いました。

Barefruit - http://www.barefruit.com/

BarefruitSquid3の開発と維持に寄付し、ICAP(RFC 3507) client supportにも着目している。

Palisade Systems - http://www.palisadesys.com/

Palisade SystemsはSquid3におけるSSL Bump機能の開発を援助しました。

Treehouse Networks, NZ - htp://treenet.co.nz/

Treehouse Networksは顧客のゲートウェイやCDN開発を通じ、Squid-3の開発及びメンテナンスに対し多大な貢献をしました。

検索

 

はじめに

ドキュメント

サポート

その他

ミラー