株式会社ワン インフラ構築なら弊社へお任せください。

Squid: 関連記事

2007年7月2007年5月
CMS Conditions Data Access using FroNTier LHCでのCMSプロジェクトは、FroNTierフレームワークを使用しインフラを構築しました。これは世界中のプロセッシングクライアントに対し、状態データ(つまり設定値等)を転送するのに役立っています。FroNTierとは中央データベースサービスに対しHTTPアクセスをクライアントに提供するシンプルなウェブサービスです。CMSのシステムはPOOLシステム(C++クライアントや多様なDB技術との間を仲立ちをするオブジェクト指向リレーショナルマッパー)と連携するために開発されました。データのリードオンリー性を利用し、Squid Cachingサーバがクライアントの近くに配置され、ハイパフォーマンスなデータアクセスが実現されています。
Using Squid 3.0 Configuration Manual(Squid 3.0設定マニュアルを使う) この記事は、Squid3.0の設定方法を説明していて、Squid3.0で使用できるすべての設定パラメータに関する詳細な説明をしている単なる参考資料です。読者は予めSquidのインストールや設定についての基礎知識を持っている必要があります。
Using the Squid Reverse Proxy to Improve eZ Publish Performance(eZ Publishのパフォーマンス向上のためにSquidリバースプロキシを使う) Squidは、リバースプロキシとしても使えるオープンソースのプロキシアプリケーションです。プロキシとリバースプロキシの違いは、プロキシが複数のwebサーバから一人のユーザーにコンテンツを届けるのに対し、リバースプロキシが(1つの)webサーバから複数のユーザーにむけてコンテンツを届けることです。例えば、通常のプロキシはある程度の匿名性を、さもなければブロックされるようなユーザーやアクセスサーバに提供することに使われるかもしれません。そしてそのプロキシは他の多くのサーバーに、ユーザーのためにアクセスするでしょう。他方、リバースプロキシを使う理由のひとつは特定のサーバへのすべての訪問者に対するコンテンツの配信速度向上です。この記事はSquidをeZPublishと合わせて使ってあなたのwebサイトの動作を向上する方法を示しています。 2007年1月
Squid: Dai sorgenti al content-filtering ちょっとした設定ガイドで、大学の研究プロジェクトのために書かれ、私の個人サイトで見られます。 2006年3月
Implementing Transparent Caching Using Squid(Squidを使って透過型キャッシングを構成する) Visolve.comによる白色紙です。企業のITチームがネットワーク障害を解決するのにもっとも効率的なソリューションは、あなたの現有のネットワークインフラをトラフィックパターンのローカライズに使用することで、それによってコンテンツ要求が局地的に満たされます。帯域幅追加のコスト抜きで上げられた速度と減らされた待ち時間は、キャッシングソフトウェアとアプライアンスから、 最も速く進歩しているインターネット技術の領域の中の著名な場所へと飛び出します。 2005年3月
Instalando Squid 2.5 e Autenticando no Active Directory この記事はポルトガル語で書かれたもので、Active Directory (Windows 2000 / 2003)による認証をSquid2.5でどう設定するかを説明しています。 2004年10月
Setting up a Secure Proxy Server using Various Technologies(様々な技術を使ってセキュアなプロキシサーバをセットアップする) ネットワークエンジニアやシステム管理者の目標は最高のセキュリティを最高の機能性とともに提供することです。モニタリングやフィルタリングなしで万人にネット接続をフル開放しては意味がありませんし、それは貴社のITポリシーにも反するかもしれません。そこで、セキュアプロキシサーバの出番です。 2004年2月
Caching Tutorial for Web Authors and Webmasters(web管理者のためのキャッシングチュートリアル) このドキュメントは関連する概念を、現実の状況下で理解可能で受容可能なものにしようとしています。Squidに特化してはいませんがそれでも読むことを推奨されています。 2004年2月
Squid: The Definitive Guide(Squid決定版ガイド) Squidのインストール、設定、使用、モニタリングに関するガイドブックです。 2004年1月
Monitoring access to Server SQUID(Squidサーバへのアクセスをモニタリングする) Squidに生成されたログの分析には多くの形態があり、確認の5形態が挙げられます。オンライン、Sargを通した命令と手動の線のため、Webalyzer、Calamaris、Squid-Graphです。 2003年9月
Uso e configuração do Squid Uso e configuração do Squid como servidor proxy 2003年9月
Public money, private code(公的資金と私的なコード) Salon.comの記事です。利潤のためのライセンスの学術的リサーチへの道のりは、一般的な利益でありえたソフトウェアのシェア拡大を抑えます。 2002年1月
Web Caching (O'Reilly) Webキャッシングへの導入、ブラウザ設定の紹介、HTTP妨害、モニタリング、キャッシングプロキシのベンチマーキング 2001年1月
Wyścigi kałamarnic Niemal każdy szanujący się dostawca usług internetowych oraz jego klient ma odpowiedni serwer web cache. Duża w tym zasługa pakietu Squid - dostępnego bezpłatnie na zasadach GNU General Public License i zawartego we wszystkich popularnych dystrybucjach Linuksa. 2001年5月
Setting up Squid as your caching HTTP/FTP proxy(SquidをあなたのキャッシングHTTP/FTPプロキシとしてセットアップする) Tevor WarrenによるLinuxでのSquidのセットアップ方法についての記事です。 2000年10月
WCCP Squid Cache Squidとciscoアクセスサーバを使った透過型WCCPキャッシングのためのマニュアル 2000年10月
Securing & Optimizing Red Hat Linux(Red Hat linuxをセキュア化し、最適化する) この本にはLinux上のSquidのインストール、セキュア化、最適化それぞれについての章があります。 2000年1月
Do-it-yourself Caching ISP-Planetによる記事で、Squidをレビューし、その設定方法を記述しています。 2000年2月
Vademecum Kieszonkowca, part 1 Maciej Kozinski氏によるキャッシングとSquidについての記事のパート1です。(ポーランド語) 1999年12月
Vademecum Kieszonkowca, part 2 Maciej Kozinski氏によるキャッシングとSquidについての記事のパート2です。(ポーランド語) Dec 1999
Enhancement and Validation of Squid's Cache Replacement Policy(Squidのキャッシュ代替ポリシーの強化と確認) この記事はSquidキャッシュにおける新たに提案された二つのキャッシュ代替ポリシーの構成と特性について報告しています。 1999年5月
Caching the Web with Linux(Linuxでwebをキャッシングする) Linux Journalの99年1/2月号に載ったDavid Guerrero氏による記事です。 1999年1月
Halloween Document I マイクロソフトのハロウィン文書一弾にてSquidは少しだけ言及されています。 1998年10月
Squid Profiling Stats Alex Rousskov氏による、多数のSquidキャッシュからの統計概略の書き出しです。 1997年12月
Squid Proxy Analysis SPAプロジェクトはwebアクセスの特徴とそれらがwebプロキシキャッシュに及ぼす影響を分析しています。我々はとりわけ何がプロキシヒット率に影響するのか、どんなヒット率なら実現可能なのか、どのようなキャッシュサイズ・リクエスト率・ユーザー人工・その他の特徴がこれらヒット率に影響するのか、に興味があります。我々はこれを、異なるサイズのキャッシュ上の実際のプロキシキャッシュからの痕跡をシミュレーションすることで実現しました。痕跡は異なるリクエスト率をシミュレーションして減らすことができます。 1997年7月
Squid Sizing for Intel Platforms Martin Hamilton氏によるSquidシステムと設定についてのサマリーです。 1997年5月

このリストに記事を追加するにはこのフォームを使ってください(フォームは英語です)。
※英語のオリジナルサイトに反映されます。直接この日本語サイトには追加されません。日本語の翻訳チームが英語サイトへの更新を確認後、邦訳します。

検索

 

はじめに

ドキュメント

サポート

その他

ミラー